emikayoga.life

健康で楽しい人生を!

国家資格と民間資格、何が違うの?

突然ですが、今日は資格のお話。

 

生徒さんから時々相談されるのが「ヨガの資格ってどうすれば取れますか?」というもの。

まず最初に言っておくと、ヨガは資格を持っていなくても教えることはできます。

ですが、多くのインストラクターはヨガの資格を取得するために安くはないお金を払って資格取得講座を受けています。

資格を取ることには色々とメリットがあるから取るわけですが、そもそもの資格についてよく知らない方が意外と多いんじゃないかと思います。

 

国家資格と民間資格

よく聞く言葉だと思いますが、この2つ何が違うか知らない方もいるのでは?

 

国家資格といえば

・医師

・看護師

建築士

・美容師

・理容師

・弁護士

などが有名ですね。人の命に関わる医療系の仕事や特殊な技術が必要な仕事に必要な資格です。

私が来年取得予定の鍼灸師(正確には「はり師・きゅう師」という2つの資格を持つ人のことを鍼灸師と呼びます)も国家資格です。

 

国家資格は、知識や技術が一定水準以上に達していることを国が認定するものです。

「知識や技術が一定水準以上」と認められるためには国家試験に合格しなければなりません。そしてその国家試験は誰でも受けられるものではなく、「受験資格」が定められています。

 

私が来年受験する「はり師」「きゅう師」の資格を例に説明すると、国家試験の受験資格の欄には

①大学に入学することのできる者

厚生大臣の認定した学校で知識および技術を修得した者

とあります。

視覚障害者に関する条件も別途記載されていますが今回は割愛します

 

①はつまり高校を卒業しているかそれと同等の資格を得ていること、という意味ですが①の条件を満たしていないとそもそも学校には入学できませんので、まず高校を卒業するかいわゆる高卒認定に合格することが最低条件です。

(ちなみに私は中卒なので、高卒認定を取りました。)

そして②は認定された大学もしくは専門学校で知識・技術を修得すること=卒業資格を得ていることです。鍼灸の学校は大学で4年制、専門学校で3年制です。最短で3年で受験資格を得ることができます。学内の試験に合格することで卒業資格を得られます。

(つまり私は来年卒業見込みです)

 

これらの条件を満たすことでやっと国家試験を受験できるのです。

簡単に取れる資格ではありませんが、簡単ではない分他の人にはない知識や技術を修得でき、それらの業務を行うことを許されます。

 

国家資格=免許

医師国家試験に合格すれば医師免許がもらえます。はり師の試験に合格すればはり師免許がもらえます。免許がもらえて初めてその業務を行うことができるようになります。

免許とは法律学によると「一般に禁止・制限されている行為を行政機関が特定の人に対して許すこと」とあります。

普通はやっちゃいけないけど、条件満たしてる人だけ特別に許します!ってことですね。

 

身近な例でいうと実は「普通自動車免許」も国家資格です。

運転免許をイメージしてもらうとわかりやすいと思うのですが、免許を持っていない人が車を運転するなんて危険ですよね。事故を起こし人を傷つける恐れがあります。そしてもちろん無免許で車を運転すれば法律で罰せられます。

 

それと同じように、国家資格なしでその業務を行うことは法律で禁止されています。

(医師免許を持っていないのに手術されたりしたら怖いですよね。そういうことです。笑)

 

冒頭で言った通り、ヨガは資格を持っていなくても教えることはできます。

ということはつまりヨガインストラクターは国家資格ではありません。

 

国家資格以外は全て民間資格

上記で説明したものが国家資格で、それ以外はぜーーんぶ民間資格と呼ばれます。

民間資格にはピンからキリまであって、持っていても正直あまり価値のないものや、国家資格に匹敵する知名度と価値のあるものまで様々です。

 

民間資格とは、個人または団体・企業が定めた資格です。

独自に開発した知識や技術を、「使ってもいいよ!」って開発者に認めてもらうというようなイメージです。

または、ある一定条件を満たしていることを証明する為のもの。

 

例えばTOEIC民間資格ですが知名度が高く語学力を証明するために有効です。ですが、TOEICを受けていないと英語を使った仕事をやっちゃいけないという訳ではありません。

 

ヨガの資格も、持っていなくてもヨガの仕事はできるけど、持っていれば他者からの信用が上がるかもしれません。

 

一言で資格と言っても国家資格なのか民間資格なのか、さらに民間資格は本当にピンキリなのでその資格が本当に必要なのかどうかよく調べて確認することが必要ですね。

 

 

という訳で次回はヨガの資格について詳しくお話します!