emikayoga.life

健康で楽しい人生を!

【はじめてのヨガ②】ヨガを始める時に準備するもの

こんにちは、ヨガインストラクターのEmikaです。

これからヨガを始めようと思っている方へ、今日は持ち物のお話。

 

基本的にヨガをする時に必要なものはほとんどありません。 

・動きやすい服装

・タオル

・水

・ヨガマット

このぐらいあれば十分ヨガを行えます。

むしろこれら全てが揃っていなくてもヨガは始められます。

 

今回は最低限必要なものと、その選び方をお話します。

 

f:id:emikayoga:20190924222755j:plain

 

①動きやすい服装

ヨガを行う時は、なるべくストレッチ素材の動きやすい服装を選ぶようにしましょう!

ヨガのポーズには、腕を大きくあげたり、足を大きく開くポーズがあります。その際に肩周りや股関節が伸びない素材だと、身体の動きに制限がかかってしまうので満足にポーズをとることができません。いちいち服が気になっていては気分もスッキリしませんしね。

ヨ専用のウエアを着る必要はありませんので、普段他に何かスポーツをしているのであればそれを代用してもいいかと思います。私はランニングウエアをヨガの練習の時にも着用することがあります。ランニングウエアは身体にフィットしていて速乾性もあるので、比較的ヨガの練習にも向く服装だと思います。

 

ヨガ用のウエアを購入したい場合は、最初は安価なものでもいいですがやはり高価なウエアの方が長持ちしますし快適さが違うので長く続けるなら良いウエアを購入した方がいいかなと私は思います。

おすすめヨガウエアブランドについてはまた別の機会に!

 

②タオル

主に汗を拭くために使います。

リラックス系のヨガではあまり汗はかきませんが、アクティブ系のヨガのクラスではかなりの汗をかくこともあります。私は前屈で下を向いた時にボトボト汗が落ちるので足元にタオルを置いておくこともあります。

またほとんどのヨガでは最後にシャバーサナと言ってお休みのポーズを行うのですが(仰向きで寝転んで目を閉じ休憩するポーズです)、その際に目の上にタオルを乗せておくとリラックスしやすいので、先生によってはそれを推奨する場合もあるでしょう。

時にはポーズをとる際の補助具としてタオルを使うことも。特に初心者では慣れない動きが多く、身体の可動域が十分でない場合もあります。そんな時に補助としてタオルを使う先生もいます。

クラスによって使うか使わないかわからないですが、1枚あると便利なのがタオル。ハンドタオルでは小さすぎるので、フェイスタオルかスポーツタオルのサイズがおすすめです。

 

③水

「運動中はしっかり水分補給をしましょう!」とよく言われる通り、水分補給はとても大切です。特に大量に汗をかくホットヨガでは、補給するべき水分量も多くなります。

ただし、レッスン中は一切お水は飲まないという場合もあります。

ヨガでは常に鼻呼吸を行っているため、喉が乾くということは基本的にありません。また、逆転系のポーズ(逆立ち)を行う時にお腹に食べ物や水が入っていると気持ち悪くなってしまうこともあります。

そのため私も練習中(普段90〜120分の練習を行います)にお水を飲むことはありません。(練習後にはしっかり水分補給を行います)

しかし初心者は無理をせずに、飲みたいと感じたら水分補給するべきです。遠慮なくお水を飲みましょう。もしレッスン中に飲まなくても、レッスン後には必ず水分補給を行いましょう。

 

④ヨガマット

ヨガをするならヨガマット必須でしょ?

と思うかもしれませんが、そうでもありません。

スタジオでレッスンを受ける場合、ほとんどのスタジオでレンタルマットがあります。(有料のところもあれば無料のところもあります)

これからずっとヨガを続けるなら1枚持っておいた方がいいですが、始めたばかりならまずはレンタルからでも十分だと思います。

それにヨガマットと一言で言っても、様々なブランドや種類がありそれぞれ使い心地も違います。どのマットがいいかは正直使ってみなくてはわからない部分もあるので、まずはスタジオのレンタルマットを使ってみて、使い心地が良ければ同じ物を購入するという手もあります。

 なんでもいいから欲しい!という方はネットなどで1,000円程度で購入できますが、個人的にはあまりおすすめしません。使ってみるとわかるのですが、すぐにボロボロになります。ボロボロ削れたゴムのカスを掃除するのも面倒です(笑)特に気にしないのであれば試しに安い物を買ってみるのもいいと思います。

ヨガマットについても別の機会に詳しくお話したいと思います!

 

 

以上がこれからヨガを始める時に準備するものです。

ヨガをするには特別なものはそんなにいらないので、案外気軽に始められると思います♪続けていくうちに色々なアイテムを揃えて行けばいいですし、まずは気楽にチャレンジしてみてくださいね!